高槻市の不動産・新築一戸建て・茨木市の不動産・新築一戸建てを紹介する三幸住研です。
不動産売却ならお任せください!1分査定
お問い合わせはお気軽にどうぞ フリーダイヤル:0120-29-3510
お得なメンバー登録 WEBでお問い合わせ


STAFF BLOG

高槻・茨木の不動産物件情報

2020年6月12日/季節のあいさつ

水無月

水無月

 

緊急事態宣言も解除され、皆様いかがお過ごしでしょうか。新しい生活様式という謎の言葉も出回っていますが、感染予防、しっかり継続していきましょう。

今年は、インフルエンザの予防接種も混むような気がします。例年受けてないのですが、早めに、受けようと思っています。

さて、SNSですが、私も、Facebook、インスタ、ツイッター、ペンタレストとやっておりますが、全部を等しくやるというのは、難しいので、基本、FBの投稿が多いです。仕事では、ペンタレストを使っていこうと思っています。

先日、高校時代の友達から、FBに友達申請がありました。高校卒業以来あったこともなく、行方も知らなかったのですが、今、ドイツで生活しているとのことです。ちょうど、ミュンヘンが好きで、行ってきたばかりという方とも話をしていたので、ドイツ繋がりだと奇妙な一致を感じていました。私も、学生時代は、よくミュンヘンの北大使館にいっていたので、唐揚げとハーフアンドハーフのビールを只管飲んでました。

少し強引でしたが、こういった奇妙な一致は、よくあることです。理由は、過去から、都合のいいところを探し出してきて、後付けで、関連性を作り、さも最初から、そうであった、それが、きっかけだったと再認識することが原因だそうです。

ある事件が起こった時に、その加害者達に共通の行動があった場合、その行動が、結果に結びつく、その共通の行動が出た時に、なぜ、対策をしなかった。という話が、あります。

しかし、その共通の行動をとる人が、全員、その結果を生み出すのでなく、生み出したのが、数%、もっと低ければ、共通の行動は、その結果の要因には、なりません。

たとえば、この犯罪者の98%が携帯電話を使用しています。携帯談話の使用者で、犯罪を起こす人は、何%でしょうか。おそらく、感覚的に、この両者に因果関係は、ないと判断されると思います。ただここに、少し知らない行動がかかったとき、もしくは、その割合を想像で埋めてしまったときに、因果関係があると認識し、それが当然のように、行動してしまいます。事後からだけでなく、事前から、物事を見るのも必要かなと思います。

今回、高校時代の友達と接することができ、空間を超えられるSNSの良さを感じながら、事後のみの考えに固執して、悪さを判断しないように、また、そういった行動を取らないように、上手にSNS使っていきたいと思います。

ちなみに、私のFBは、ほとんどが、食べ物です。興味がある方は、覗いて見てください。