高槻市の不動産・新築一戸建て・茨木市の不動産・新築一戸建てを紹介する三幸住研です。
不動産売却ならお任せください!1分査定
お問い合わせはお気軽にどうぞ フリーダイヤル:0120-29-3510
お得なメンバー登録 WEBでお問い合わせ


STAFF BLOG

高槻・茨木の不動産物件情報

2019年11月23日/季節のあいさつ

霜月

霜月

 

残すこと2か月で、今年も終わりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年の紅葉は、遅く、月末頃となるようです。

 

さて、先月、少し、相続について書きましたが、ご質問いただきありがとうございました。気になることがあったら、お気楽にお尋ねください。質問があると読んでいただいているのかと思いうれしくなります。

紅葉を見に京都の仁和寺に行ってきました。観音堂の修復も終わり特別拝観の期間中でしたので、合わせてお祈りしてきました。

仁和寺は、888年に建立されたそうですが、応仁の乱で焼け、江戸時代に修復され今の形になったそうです。五重塔があったのですが、重々しくて、かっこよかったです。江戸時代の建物という感じです。また、境内の神社には、9柱の神が祀っておられて、祇園さん貴船にいかなくても、いいようになっています。たまたま、神社の屋根にある飾り、千木の話をしていて、水平なら、女神、垂直だったら、男神という話をしていました。9柱も祀っていたので、どうなっているか、確認したところ、水平になってました。そんなものかもしれません。

観音堂で祀られているのが、千手観音様、千の手をもって、救済してくれる仏様です。具体的に救済してほしことは、ないのですが、前から少し気になっていることをお願いしてきました。仏さまとつないだ紐がそとにあるので、しっかりつかんで、ご縁を結んできました。

また、お堂には、江戸時代に書かれた壁画もあり、しっかり色も残っておりました。六道の図もあったので、動物いじめたら、こんなんになるよと、人の頭体動物の絵を見せて説明しておきました。写真は撮れないのですが、しっかり、パンフレットには、写真がすべて載ってました以外にやさしいです。

最近の傾向として、失敗を許そうという考え方があります。ただし、能力がなくて、できないのは、その対象にならないそうですが、日本は、腹切りの文化があり、失敗自体が悪という考えがあります。

 「一所懸命」という言葉が示すとおりです。

だから、必然的に失敗しないように、責任を取らなくていいように立ち振る舞う人が多数見かけます。そういう方と交渉する場合、責任を取らないでいい方向で話をもっていくと意外にスムーズに事が運ぶので、それ自体は、よいのですが、新しいにチャレンジすることや、前例のないことをするのに躊躇します。世の中の変化が激しい中、前例のあることの方がすくなって来ていると思いませんか。

だから、自他ともに、失敗を許すということが、今度必要になってきています。そういった、失敗しても救済してくれる

千手観音様とご縁を結べたので、

失敗を恐れず、日々働いていこうと思っております。ただ、能力がないのは、だめなので、一所懸命そこは、上げていきたいと思っています。