高槻市の不動産・新築一戸建て・茨木市の不動産・新築一戸建てを紹介する三幸住研です。
不動産売却ならお任せください!1分査定
お問い合わせはお気軽にどうぞ フリーダイヤル:0120-29-3510
お得なメンバー登録 WEBでお問い合わせ


STAFF BLOG

高槻・茨木の不動産物件情報

2019年7月12日/季節のあいさつ、賃貸物件情報

文月

文月

 

水のない月がおわり、それを埋めるように雨が降っています。この時期、カビ等、体によくないものが、家に漂いますので、くれぐれもご自愛ください。

さて、当社でお預かりしている賃貸募集物件が、残り1件となり、過去例のないほど少ない状態です。高槻市で空き家をお持ちの方、今がチャンスです。

事前の一計は、事後の百計にも勝るといいます。最近は、物事の変化のスピードが速すぎて、とりあえず、小規模でやってみて、改善していって、形にしてから、拡大していくということが、主流になってきているようですが、事前の準備の量が、最終的に、計画の成功に大きく、影響することは、間違いないです。

 空き家を賃貸に出す場合、①家財の有無②現状住めるか③所有者と決定者が一緒か④将来の使い道などが、まず、問題となります。

 

IMG_5628

①家財が残っていて、整理ができていない場合、自分たちで整理するという方が大半ですが、実際に、できる方は、皆無です。つまり、私たちに相談に来られた段階で、この作業が終わっていない方は、まず、できません。できないことは、する必要がないので、私がお伝えすることは、「必要なものだけ持っていってください。いらないものは、そのまま、置いておいてください。」です。これなら、ちょっと頑張ってもらえれば、できると思います。

 

②現状住めるか、もちろん、貸せるかと言い換えた方が、いいかもしれません。一般的に、全部改装して、綺麗にすればいいのですが、その場合、リフォーム代金とその支払い、家賃収入でそれを賄えるかという問題がでてきます。ここについては、非常に難しいところですし、正直、将来の市場も読むことになるので、これが正解というのは、おそらく、その時にならないとわかりませんが、リスクも含めご提案できるので、その中から、バランスを決めていただいております。

 

③所有者が意思決定できるのか、将来、認知症になる恐れが非常に強いとか、そういった場合、所有者の代わりに、息子さんが、リフォーム代も出したりする場合、他の相続人とどうやって区別しておくか、相続が開始してからだと難しいと思いますので、事前に手を打ちます。

 

④将来、誰が使うのか、売るのか、など、賃貸に出すと、行動が制限されるので、将来の作業ができるように、事前に準備しておく。

 

そういったことを踏まえながら、貸していきます。リフォームでも、最近混んでいるので、2,3か月かかってきます。今が7月なので、やはり、12月中には、商品を綺麗な状態にしておいて、1,2,3月が、賃貸の入居者の多い時期ですので、ここに、間に合わせます。これを過ぎると、家賃を下げたり、入居者のいない時期つまり家賃の入らない期間が長くなるので、利回りに影響がでます。

事前の一計、やってからの改善のループは、やはり経験があるからこそ、厚みをつくることが、できます。実際どうなの?と思っている方は、是非、お尋ねください。実際こうなんですとお伝えさせていただきます。

 

令和元年7月吉日

株式会社三幸住研

野口章史